読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通天閣

 こんばんは。卒業式シーズン真っ盛り。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

今日は、大阪のシンボルでもあります、通天閣を目指しました。

いきなり思い立って、家族を連れだしました。

JR天王寺駅まで電車に揺られ、のんびり天王寺動物園ジャンジャン横丁を横目に到着。

10年以上ぶりでしたが、10年前はもっと〇〇な雰囲気でしたが、今は本当にクリーンな雰囲気。

f:id:yamayama_0108:20170318000646j:plain

ジャンジャン横丁も若者や観光客でにぎわっています。

  ※裏通りはわかりませんが。

チケットを買ってエレベーターへ。

そこで衝撃!!

40分待ち。

以前はもっとスムーズにのぼれた記憶がありますが、エレベーターまで長蛇の列。

少し躊躇しましたが、ならんでいる間に退屈しないようにいろんな工夫がされていました。

出迎えてくれるのは  キン肉マン 

作者のゆでたまご先生が大阪出身ということで、新世界の活性化に協力しているらしいです。

私はキン肉マン世代ですが、写真を撮り忘れました。

あと、ならんでいる途中で写真を撮ってくれるお兄さんがいて、

f:id:yamayama_0108:20170320180730j:plainf:id:yamayama_0108:20170318000635j:plain

撮影し終わると  「きれいに、撮れタワーーー」  と叫びます。

「撮れタワ―――」が耳についてはなれません。

他はポッキー、ジャンジャン町など展示してあります。

ようやくエレベーターにたどり着き、展望台へ。

f:id:yamayama_0108:20170320180853j:plain

展望台は、一周早歩きすると、1分もかかりません。

しかし、40分もかけて並んだ限りは、元を取らないといけません。

360度みまわし、こっちがあべのハルカスかー。こっちが住んでいる街かー。

じっくり時間をかけて歩きます。

そして、やはり通天閣に来れば、出会わずには帰れません。

といいますか、このお方に会うために通天閣にのぼってきました。

 

f:id:yamayama_0108:20170318000640j:plain

そうです!ビリケン様!!

ビリケン神殿!

足をなでなで。体をなでなで。頭をなでなで。

 

このビリケン様は三代目。

皆に触られて、黒ずんで汚れてくるので、新しくリニューアルされたみたいです。

新しくなって多少オーラがなくなったような気がしましたが、とりあえずご利益をお願いしました。

ビリケン様を見れたので、目的達成。

まだ、頂上部にも上りたければ、500円払うと、特別展望台『展望パラダイス』にも上れます。

しかし、目的も達成したので降りることにしました。

降りるときは、スムーズ。のぼる時とは大違い。

通天閣を後にしました。

 

f:id:yamayama_0108:20170320180755j:plain

通天閣の下からみた天井です。

 

f:id:yamayama_0108:20170320180804j:plain

ジャンジャン横丁100周年!!

通天閣ぶらり旅のしめは、やっぱり『串カツ』

f:id:yamayama_0108:20170318000652j:plain

季節のよってライトの色が変わります。

てっぺんのライトは、天気予報になってるみたいです。

f:id:yamayama_0108:20170320180809j:plain

f:id:yamayama_0108:20170320180813j:plain

昼、夜、違う景色を見せてくれる、通天閣ジャンジャン横丁

家族で来ても、カップル、友人と来ても楽しめます。

まだまだ探索したくなる通天閣でした。